北海道遊び人@はてな

東京在住の筆者が北海道で遊び歩いた記録です。

マイナースポット

根室から釧路へ 2019/2 北海道

2019年2月15日 朝、尾岱沼の野付元湯 うたせ屋さんを出発、 dokidokiayano.hatenablog.com まずは根室に向かいます。 国後島をバックに記念撮影。 この、画像右側に私がいるという構図は、 自撮り棒や三脚を使わずにスマホを持った左手を伸ばして自撮りして…

鍾乳洞の氷筍 2019/2 北海道

2019年2月10日 この日は、稚内から113㎞離れた中頓別町役場に、 午前9時に行かなくてはなりません。 朝食を手早く済ませ、 6時20分頃、ホテルを出発します。 昨日訪れた「宗谷岬」や「道の駅さるふつ公園」をスルーして先を急ぎます。 -16℃、あまり寒くはあ…

速報版 2019年2月北海道 その5

2019年2月10日 この日は、朝9時に稚内から約113㎞離れた中頓別町で、 待ち合わせがあるので、朝食を手早く済ませ、 6時20分頃、ホテルを出発します。 昨日訪れた「宗谷岬」や「道の駅さるふつ公園」をスルーして先を急ぎます。 今日は、あまり寒くはないです…

雪の天に続く道

さて、本日の記事は、短めに。 冬の天に続く道です。 訪問日2018年2月12日 国道から外れて、天に続く道を逆走して登っていくとき、 走れるかなぁ、と、ちょっと心配しましたが、 ご覧の通り、とても走り易い雪道でした。 さすが、 人気のあるマイナースポッ…

ルパン三世の駅

「師走の北海道2018」の記事が終了したので、 中断していた「2018年2月冬の北海道」の記事を再開したいと思います。 帯広をスタートして、厚岸まで記事を書いたところで中断しましたので、 もし、まだお読みでなかったら、厚岸の記事から遡ってお読みいただ…

ジュエリーアイス

十弗駅から、約30㎞、 太平洋に面した豊頃町大津海岸に向かいます。 ここ大津海岸は、冬の新絶景として、 ジュエリーアイスが知られるようになってきました。 厳寒の中、十勝川の氷が太平洋に流れ出て、 そして、波で岸辺に打ち上げられたものです。 本来な…

冬の10ドルの駅

前々回の記事から、 2018年2月の冬の北海道の旅の記事となっています。 前のハルニレの記事と同様に、 2018年夏の旅の記事でも書いていますが、 dokidokiayano.hatenablog.com 初訪問の冬の10ドルの駅です。 帯広から釧路へ向かう根室本線に十弗(とおふつ)…

ハルニレの木とアメリカンドーナツと 冬版

ひとつ前の記事から、 2018年2月の冬の北海道の旅の記事を投稿しています。 2018年夏の旅の記事でも書きましたけれど、、 dokidokiayano.hatenablog.com 改めて、初めて訪れた冬のことを書きます。 訪問日2018年2月9日 「道の駅さらべつ」から豊頃町を目指し…

肩をすくめて

肩をすくめた写真を撮りたいだけのために行って来ました。 訪問日2017年6月20日 石狩川の支流の夕張川のそのまた支流の全長5㎞ほどの小さな川。 その珍名から、たびたびTVのバラエティなどにも取り上げられ、 北海道の方には結構知名度があるようです。 夕張…

幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば

1977年に公開された「幸福の黄色いハンカチ」。 そのラストシーン、鯉のぼりの竿にはためく沢山の黄色いハンカチ。 感動しました。 そのラストシーンの夕張ロケ地現場が、 「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」として保存され見学ができるということで、 20…

ラワンブキと千春さん

2017年6月の北海道の旅の記事です。 雌阿寒岳から下山して、 足寄、帯広方面に向かいます。 まずは、オンネトーをチラっと見て、 それにしてもきれいな色をしていますね。

天に続く道

斜里町の中心部から、知床ウトロに向かう途中にある天に続く道。 なんか、2018年に駐車場が整備されてわかり易くなったらしいですね。 私が初めて行ったとき、入口がわからずウロウロしたのを覚えています。 ・・・まあ、わかってしまえばカンタンなのですが…

トロッコ王国再訪 北海道秋旅2018

今年7月に続いて2度目の訪問です。 dokidokiayano.hatenablog.com トロッコ王国美深 北海道旭川と稚内を結ぶ「宗谷本線」に美深という駅があります。 かってこの美深から「美幸線」という、 日本一の赤字路線と言われた国鉄路線がありました。 本来はオホー…

尻別川の橋 北海道秋旅2018

2018年10月15日 「道の駅らんこしふるさとの丘」から尻別川に沿って、 「道の駅シェルプラザ・港」に向かって道道267号線を走ると、 気になる橋があったので立ち寄ってみました。 車の通れない人道橋です。 下を流れる尻別川は悠々とした流れです。 遠望する…

ウソタンナイ砂金採掘公園

宗谷岬からオホーツク沿いを南下した浜頓別の街から、 少し内陸に入ったところに ウソタンナイ砂金採掘公園があります。 こちらは、2018年も訪れたところなのですが、 2018年は川の増水のため、 川に入っての本格的な砂金掘りができませんでした。 dokidokia…

エサヌカ線

「これぞ北海道という道は?」と尋ねられたら、私はエサヌカ線と答えることでしょう。このブログのタイトル画像に使っているエサヌカ線です。 2017年6月の北海道の旅の記事です。 エサヌカ線は正式名称「猿払村道浜猿払エサヌカ線」。最北端宗谷岬から国道23…

宗谷丘陵の白い道

日本最北端の宗谷岬。その背後にひかえる宗谷丘陵に白い道があります。 未舗装道路に砂利の代わりに、そこら辺に、たくさんあるホタテなどの貝殻を敷き詰めてみれば、「あら?素敵!」結果オーライの観光資源になりました。訪問日2017年6月12日

三毛別羆事件復元地

三毛別羆事件(さんけべつ ひぐま じけん)とは、大正4年(1915)12月に、現在の北海道苫前町で起きた、羆(ヒグマ)の獣害事件としては史上最悪の死者7名重傷者3名の被害を出した事件です。 この事件の現場(正確には数百m離れているらしい)に、復元現場…

トトロ峠のネコバス

2017年夏の旅より道央自動車道深川 IC の近くに、戸外炉峠という小さな峠があります。 戸外炉峠=トトロ峠と読みます。そこに、ネコバスがあるというので行って来ました。訪問日2017年6月12日 前日宿泊の芦別温泉スターライトホテルから北上、道道4号線、道…

涙岬

忘れていた記事、 2カ所目は、同じく浜中町の涙岬です。 訪問日2018年7月6日 霧多布から厚岸、釧路に向けて北太平洋シーサイドラインを走ると、涙岬入口という、そそるネーミングの看板を見つけました。ということで、寄り道寄り道。 浜中町出身のルパン三世…

10ドルの駅

帯広から釧路へ向かう根室本線に十弗(とおふつ)という駅があります。「弗」の字が、$(ドル)の字体に似ているので、$を漢字表記するときには弗の字が使われます。ということで、十弗は10$の駅と言われています。 今年2月の冬の十弗に続いて2回目の訪…

原生花園あやめケ原

根室から浜中、厚岸、釧路と海沿いをたどる 北太平洋シーサイドラインの厚岸町に、 原生花園あやめケ原というところがあります。 たまたま、シーサイドラインをドライブ中に、 案内標識を見て、立ち寄りました。 駐車場から小道を歩くと、柵があり、 何カ所…

旧上藻別駅逓と鴻之舞金山跡

かなり強い雨の降る中、7月3日朝、 紋別のホテルを出発しました。 昨晩は、本当はキャンプする予定だったのですが、 天気予報で、夜半から朝、激しい雨が降るとのことで、 急遽、ビジネスホテル泊りに変更したのでした。 実際、この雨の様子を見ると、 キャ…

ウソタンナイ砂金掘り公園

中頓別鍾乳洞から、オホーツク海に向け 車を走らせた浜頓別の町に、 ウソタンナイ砂金採掘公園があります。 ここは 日本古来の砂金掘り伝統道具である『ゆり板』と 『カッチャ』を使って砂金掘りが出来る 日本隋一の本格的砂金掘り体験場です。 (浜頓別町ホ…

中頓別鍾乳洞

北海道のみなさまへ この度の、 平成30年北海道胆振東部地震におきまして、 被災されたみなさま、 またライフラインの断絶によって、 生活の不便を余儀なくされているみなさまに、 心よりお見舞い申し上げます。 北海道大好きで、北海道を題材にしたブログを…

トロッコ王国美深

知る人ぞ知る人気スポットで、 「マイナースポット」というほどではないのですが、 北海道のメインの観光ルートから外れているということで、 「マイナースポット」のカテゴリーにしましたけれど、、、 トロッコ王国美深 北海道旭川と稚内を結ぶ「宗谷本線」…

シュンクシタカラ湖

シュンクシタカラ湖は、北海道釧路市阿寒町にある小さな湖で、1970年代に、人工衛星によってその存在が確認され日本国内最後に発見された自然湖とされます、、、が、 地元の人は古くからその存在を知っていたとのことです。 いずれにしても「秘湖」でありま…