北海道遊び人@はてな

東京在住の筆者が北海道で遊び歩いた記録です。

赤字丼 師走の北海道2018

2018年12月14日

 

師走の北海道の旅、初日のランチは、

長沼町に来たら「いわき」さんの赤字丼で決まりでしょう。

フォローさせていただいてるブロガーさんたちも、

紹介なさっている人気店です。

いわきさんには、来客用の駐車場はないみたいですけれど、

すぐ横に長沼町スポーツセンターの広い駐車場があったので、

そちらに駐車しました。

f:id:dokidokiayano:20181222150646j:plain

 

玄関前には、いろいろな幟がはためいています。

f:id:dokidokiayano:20181222150734j:plain

 

赤字丼だけではなくて、黒字丼、白字丼もあります。

f:id:dokidokiayano:20181222150801j:plain

 

ほかにも、おそばなどもあります。

f:id:dokidokiayano:20181222150827j:plain

 

レジ横のカウンターには、

いままで紹介されたメディアや訪れたタレントさんたちの色紙が飾ってあります。

f:id:dokidokiayano:20181222150854j:plain

 

来ました!赤字丼

うわ~デカい!

f:id:dokidokiayano:20181222150921j:plain

 

いただきま~す。

え、こ、こ、これは、、、、

すげぇ美味しい!!

衣はサクサク。エビはプリプリ。

掛かっているタレも甘辛く、私の好みです。

人気になるのがうなずける美味しさです。

 

最初はエビばっかりじゃ、、、、と思いましたけれど、

食べ進むうちに、ああ、もう2尾しかない、あああ最後の一尾。

と、もっと食べたい衝動に。

 

その同じ食材を飽きさせずに食べさせるに感激しました。

 

でも、人によっては「飽きちゃう」?

ご心配なく。

お盆の右にある小瓶は、サービスで供される三升漬け、

こちらでの名前赤字漬ピリ辛が、ちょうどよいアクセントとなって、

楽に完食です。

f:id:dokidokiayano:20181222151123j:plain

ごちそうさまでした。

 

赤字漬お土産に買いました。

f:id:dokidokiayano:20181222151142j:plain

 

そうそう、「東京から来ました」と言ったら、

わざわざ社長さん?

この写真のスーツ姿の方が、挨拶に出ていらして、

いろいろお話させていただきました。

お店を出るときには、

社長さん自らドアを開けておお見送りをしていただきました。

また、ほかの従業員の方の接客も素晴らしかったです。

f:id:dokidokiayano:20181222151214j:plain

 

こちらを訪問するのに気を付けなければいけないのが、

営業時間です。

月・水・木・金の昼11時から15時までと短いです。

ですから「ついでに食べに来ました」ではなく、

狙って訪れた方が良いと思います。

f:id:dokidokiayano:20181222151242j:plain