北海道遊び人@はてな

東京在住の筆者が北海道で遊び歩いた記録です。

ニッカウヰスキー余市蒸留所 師走の北海道2018

2018年12月15日

 

今宵のお宿水明閣さんにチェックインして、

着替えたあと、この旅のビッグイベント

余市観光協会主催余市ゆき物語

ニッカ蒸留所冬のナイトツアーに参加するため出掛けます。

 

このツアー、通常の見学時間の終了17:00のあとに開催され、

私の参加した12月15日を皮切りに、

2月2日まで計5回開催され、各回の定員が40名という、

なかなか希少価値のあるイベントです。

私は予約受付開始の11月1日午前中に速攻で申し込みをしました。

・・・ちなみに、既に残りの4回も定員に達して募集終了しています。

 

宿からニッカ蒸留所まで約3㎞あるのですが、

はじめは試飲があるので、歩いて行こうと思ったのですが、

帰りのことを考えて車で行くことにしました。

まあ、お酒に弱いし、ウイスキーの味もわからないので、、、

 

蒸留所の隣の道の駅の駐車場に車を置いてニッカ蒸留所へ。

f:id:dokidokiayano:20181230130313j:plain

 

石造りの重厚な正門です。

f:id:dokidokiayano:20181230130424j:plain

f:id:dokidokiayano:20181230130438j:plain

 

夜のとばりが落ち始めたニッカ蒸留所。

ガイドのオネーサンの赤い制服がカッコいいですね。

f:id:dokidokiayano:20181230130515j:plain

 

通路を示すボンボリが素敵です。

f:id:dokidokiayano:20181230130636j:plain

 

近寄ってみると、、、

ウイスキーの空き瓶でした。

f:id:dokidokiayano:20181230130706j:plain

 

RICHO THETAで撮影した全天球画像です。
指先やカーソルで、グリグリ動かして、
まわり中を見ることができます。
ただし画像を動かすためには、PCの場合はこちらで、
スマホの場合はApp Store またはGoogle Play より、
RICOH THETAの基本アプリをインストールすることが必要です。

余市ゆき物語「ニッカ蒸留所ナイトツアー」2018年12月15日。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

 

 クリスマスツリーがありました。

f:id:dokidokiayano:20181230131004j:plain

 

f:id:dokidokiayano:20181230131229j:plain

 

受付をして、説明を聞きます。

車で来てしまったので、「ハンドルキーパー」のシールを胸に。

f:id:dokidokiayano:20181230131301j:plain

 

単式蒸溜器(ポットスチル)が並ぶ蒸溜棟です。

余市では、昔ながらの石炭による「石炭直火蒸溜」が行われています。

余市蒸留所見学ガイドより)

f:id:dokidokiayano:20181230131356j:plain

 

こちらも全天球画像です。
指先やカーソルで、グリグリ動かして、まわり中を見ることができます。

余市ゆき物語」ニッカナイトツアー。ニッカウヰスキー余市蒸留所 蒸留棟。2018年12月15日 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

 

創業者竹鶴政孝が夫人リタとともに使用していた

余市町の郊外山田町の住居を平成14年12月に工場内に移築、復元した旧竹鶴邸。

f:id:dokidokiayano:20181230131553j:plain

 

一号貯蔵庫。

ウイスキー蒸留所というと、この樽が並んだ画像が思い浮かびますね。

ただし、見学用に開放している施設なので、樽は空だそうです。

f:id:dokidokiayano:20181230131624j:plain

 

こちらの画像もRICHO THETAで撮影した全天球画像です。
指先やカーソルで、グリグリ動かして、まわり中を見ることができます。

余市ゆき物語」ニッカナイトツアー。ニッカウヰスキー余市蒸留所。一号貯蔵庫。2018年12月15日 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

 ウイスキー博物館へ。

f:id:dokidokiayano:20181230131756j:plain

 

 

他のみなさんお待ちかねの試飲コーナーです。

こちらの画像もRICHO THETAで撮影した全天球画像です。
指先やカーソルで、グリグリ動かして、まわり中を見ることができます。

余市ゆき物語」ニッカナイトツアー。ニッカウヰスキー余市蒸留所、ウィスキー博物館試飲コーナー。2018年12月15日 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

 こちらの画像もRICHO THETAで撮影した全天球画像です。

余市ゆき物語」ニッカナイトツアー。ニッカウヰスキー余市蒸留所、ウィスキー博物館試飲コーナー。2018年12月15日 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

 私はデッカイ竹鶴をラッパ飲み(笑)

f:id:dokidokiayano:20181230132112j:plain

 

 もちろんパネルです。

f:id:dokidokiayano:20181230132143j:plain

 

ツアー終了で、三々五々帰っていきます。

この建物は旧事務所です。

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝の事務所として、

昭和9年7月に建設されました。
ニッカウヰスキーの原点となったこの旧事務所は、

余市の工業発達の足跡を示す文化的資産として、

余市町より指定文化財に認定されています。

企業内の建物が指定文化財となったのは、道内ではこれが初めてです。

創立当時、ウイスキーは貯蔵する一方で

すぐに商品化が出来ませんでしたので、

余市で採れるりんご等の果物を使い、

ジュースやジャム等の加工食品を製造しておりましたので、

社名を「大日本果汁株式会社」と申しておりました。

大日本の「日」と果汁の「果」取り、

昭和27年に「ニッカウヰスキー」と社名変更いたしました。

余市蒸留所見学ガイドより)

こちらの画像もRICHO THETAで撮影した全天球画像です。
指先やカーソルで、グリグリ動かして、まわり中を見ることができます。

余市ゆき物語」ニッカナイトツアー。ニッカウヰスキー余市蒸留所旧事務所前。2018年12月15日 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

 

正門を出ると、ツアー終了です。

こちらの画像もRICHO THETAで撮影した全天球画像です。

余市ゆき物語「ニッカ蒸留所ナイトツアー」2018年12月15日。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

 ニッカウヰスキー余市蒸留所