北海道遊び人@はてな

東京在住の筆者が北海道で遊び歩いた記録です。

塩別つるつる温泉 2019/2 北海道

2019年2月16日

 

冬の北海道の旅も11日目、いよいよ旅の終盤に。

 

この日のお宿は、北見市の郊外、留辺蘂町

塩別つるつる温泉

エントランス。

(画像は到着時ではなく夕食後の撮影です)

f:id:dokidokiayano:20190409071054j:plain

f:id:dokidokiayano:20190409071107j:plain

 

鄙びた温泉旅館を想像していて、到着してビックリ。

日帰り温泉施設も兼ねていますので、

土曜日の夕方、さらに極寒焼肉まつり

というイベントが開催されていて、駐車場は満杯、

館内も入浴客で大賑わい。

それでも、入浴客と宿泊客のエントランスと、

フロントがわかれていましたので、

チェックインはスムーズでした。

 

お部屋は和室です。

この戸棚の中が洋服掛けになっているのですが、

翌日、大失敗を演じることになってしまいます。

f:id:dokidokiayano:20190409071140j:plain

 

お部屋のトイレ。

f:id:dokidokiayano:20190409071206j:plain

 

さて温泉へ。

でも、大賑わいで、とてもじゃないけれど温泉の写真を撮ったりできません。

というわけで、お風呂の画像は、

北海道Likersのサイトから3枚お借りしました。

 

雪見露天風呂(北海道Likers より

f:id:dokidokiayano:20190409071246j:plain

 

ちょうどこんな感じの雪景色でした。(北海道Likers より

f:id:dokidokiayano:20190409071315j:plain

 

屋内大浴場も設備が整っています。(北海道Likers より

f:id:dokidokiayano:20190409071406j:plain

 

今宵の夕食のメニューです。

f:id:dokidokiayano:20190409071434j:plain

 

 

左奥海鮮みぞれ鍋

f:id:dokidokiayano:20190409071506j:plain

 

本日のお造里ブリ大根煮

f:id:dokidokiayano:20190409071533j:plain

 

「北海道」がのった茶碗蒸し

f:id:dokidokiayano:20190409071601j:plain

 

右側手前から、もずく酢。

その後ろ温泉豆腐 山わさび添え

その後ろ鮟肝の煮こごり

f:id:dokidokiayano:20190409071649j:plain

 

若鶏の唐揚げ八宝菜仕立て

f:id:dokidokiayano:20190409071716j:plain

 

豚バラ陶板焼

f:id:dokidokiayano:20190409071756j:plain

 

ここ2晩、体調が思わしくなく、夕食のとき、食が進みませんでしたが、

エゾエース効果で、本日は元気に完食。

f:id:dokidokiayano:20190409071825j:plain

 

デザート杏仁豆腐?

f:id:dokidokiayano:20190409071853j:plain

 

さて、ここ塩別つるつる温泉から、

国道39号線石北峠に向かうと、

山の中に突然、近代的な建物群が現れます。

そこがイトムカ

かって水銀を産出する鉱山として、

最盛期には人口5000人を超えていたそうですが、

今は鉱山としての使命を終え、

日本で唯一の水銀含有廃棄物の処理、

リサイクル工場として操業を続けています。

その会社が、野村證券と連なる系譜を持つ野村興産(株)なのですが、

塩別つるつる温泉はその野村興産(株)が経営しています。

なんと、イトムカ鉱山労働者の休養施設として開発された温泉なんだそうです。

(以上Wikipediaより抜粋引用)

 

 

翌朝の朝食はバイキング。

野菜をいっぱい食べましょう。

f:id:dokidokiayano:20190409071922j:plain

 

塩別つるつる温泉公式サイト

 

この日は石北峠を越えて、層雲峡から旭川富良野へ向かいます。

よい旅になりますように。