北海道遊び人@はてな

東京在住の筆者が北海道で遊び歩いた記録です。

冬季閉鎖 2019/2 北海道

2019年2月20日

 

ついに、14泊の北海道の旅を終え東京へ帰る日です。

18:00 に、レンタカーを

帯広空港にて返却するまで約9時間、

北海道の名残りを惜しみます。

 

富士ホテルを9:00にチェックアウト、

dokidokiayano.hatenablog.com

 

とりあえず、あてもなく走り出します。

 

こんな何気ない農村風景も、

北海道らしさ、十勝らしさを感じさせます。

f:id:dokidokiayano:20190421195539j:plain

 

元々、あまり積雪のない十勝ですが、

今年は、さらに少ないようで、

道路もドライなところが多いです。

この画像は、なぜかきれいに半分ウェットですけれど。

f:id:dokidokiayano:20190421195617j:plain

 

展望台的なところへ行って眺望を楽しみたい、、、と思って、

上士幌町ナイタイ高原牧場の展望台に行ってみようと思いましたが、

冬季閉鎖でした。

この頃から、急に雲が増えて、

あっという間に、青空はどこへ?状態。

f:id:dokidokiayano:20190421195813j:plain

 

上の画像のゲートの向かいには牛がたくさん。

「閉鎖中なのに、何しに来たんかい?」って顔で見られています。

f:id:dokidokiayano:20190421195841j:plain

 

あの雪で覆われ、白く広がっている辺りが

ナイタイ高原牧場だと思います。

行きたかったなぁ。

まあ、この積雪状態では無理でしょうけれど。

f:id:dokidokiayano:20190421195909j:plain

 

いかにも十勝ですねぇ。いいなあ。

f:id:dokidokiayano:20190421200027j:plain

 

展望台モードから脱却できていないので、

十勝牧場の展望台へ、、、

白樺並木の直線路を走ります。

が、こちらも冬季閉鎖でした。

f:id:dokidokiayano:20190421200054j:plain

 

すっかり意気消沈して、お帰りモードに変換した私は、

まだ、レンタカーの返却する時間には早いのですが、空港方面に向かいます。

帯広市の郊外、大正地区で、

ブログで紹介されている「おかしの館のあくつ」さんに立ち寄りました。

f:id:dokidokiayano:20190421200126j:plain

 

ソフトクリームも美味しいらしいのですが、

ソフトクリームマシーンは冬季閉鎖、残念。

 

東京へのお土産に、一番人気の「ミルクロード」を買いました。

 それにしても、次々と来店客が引きも切らず、

人気のお店なんですね。

f:id:dokidokiayano:20190421200153j:plain

 

帯広空港近くの、私の時間調整場所、幸福交通公園

 

レンタカーを所定の時間より、

早く返却すると、安くなるのですが、

クレジットカード払いの、

既に支払済みの分を取り消し、

再度、安くなった金額でクレジット払いの

手続きをするのですが、

旅で散在しまくって常に限度額いっぱいな私は、

支払い不能になってしまうのです。

 

ということで、返却時間18時の15分前まで時間つぶしです。

f:id:dokidokiayano:20190421200227j:plain

f:id:dokidokiayano:20190421200248j:plain

 

相変わらずのピンク蝙蝠の群れ。

f:id:dokidokiayano:20190421200311j:plain

 

シーズンオフの夕刻ということで、ゆったりとした駐車場です。

f:id:dokidokiayano:20190421200355j:plain

 

荷物の整理をして、

時間をつぶしています。

 

なんとかスーツケースとバッグに納まりました。

f:id:dokidokiayano:20190421200420j:plain

 

車内のゴミも片付けて。

f:id:dokidokiayano:20190421200444j:plain

 

もうそろそろ行きましょう。

 

空港へ向かう途中、

夕暮迫る十勝の大地を大きなバッグを背負い、

手には六花亭の紙袋をぶら下げて、

走って(時々疲れたのか歩いて)いる若者二人を発見。

 

見た感じで、たぶん空港へ向かう旅行者です。

でも、空港までは、まだ5㎞以上あります。

 

路肩に車を寄せて声を掛けます。

空港へ行くの?

「はい、そうです」

良かったら乗っていく?

「はい、ありがとうございます」

 

私、結構ヒッチハイカーを乗せます。

今までの最高は、

三陸気仙沼から東京まで約500㎞乗せたことがあります。

今回は5㎞ほどですが。

 

話を聞くと、神奈川から来た学生さん二人で、

私の乗るJAL便の前のAIR DO の羽田行きに乗るそうな。

 

ということで、一度空港ビルへ行き、二人を下ろして、

タイムズカーレンタル帯広空港営業所へ到着。

2週間の相棒とお別れしました。

f:id:dokidokiayano:20190421200609j:plain

 

あとは機上の人となって東京へ帰るだけです。