北海道遊び人@はてな

東京在住の筆者が北海道で遊び歩いた記録です。

「会津西街道 大内宿」会津から佐渡へ その2

北海道の記事、品切れ中につき番外編をお送りしています。

番外編、第2弾は2017年11月に行った「会津から佐渡へ」です。

 

会津から越後、佐渡を巡る旅 その2

会津西街道 大内宿

2017年11月13日

ウルトラマンの街須賀川をあとにして、

車を会津へと走らせます。

山間の湖羽鳥湖展望台

f:id:dokidokiayano:20190507100713j:plain

 

今日2つめの目的地は大内宿福島県南会津郡下郷町)です。

 

会津西街道の宿場として、

江戸へ向かう大名や旅人の宿駅として重要な役割を果たしていましたが、

明治以降、鉄道の開通に伴って、

その宿場としての地位を失ってしまい、

逆にそれが、周囲と隔絶された環境となって、

昔ながらの30軒以上の茅葺き屋根の建物と

景観が残されることとなりました。

f:id:dokidokiayano:20190507100756j:plain

 

こんな位置関係です。Googleマップを加工)

f:id:dokidokiayano:20190507100823j:plain

 

しかし、今は大観光地として、

観光バスが駐車場に並び、昔の街道は観光客がゾロゾロと歩き、

多くの茅葺き屋根の家々は、飲食店や土産物店、

民宿を営んでいたりと観光に関わっているようです。

f:id:dokidokiayano:20190507100857j:plain

 

でも、こんな土産物の店の前を通りかかっても、

観光地によくある「呼び込み」の声もなく、

素朴さが残されいるように感じました。

f:id:dokidokiayano:20190507100931j:plain

 

街外れの弁天様への石段を上ると、

f:id:dokidokiayano:20190507100959j:plain

 

大内宿の街並みを俯瞰することができます。

行きかう人々が江戸時代の旅人のようですね。

f:id:dokidokiayano:20190507101027j:plain

 

記念撮影に絶好のポイントです。

f:id:dokidokiayano:20190507101059j:plain

 

さて、大内宿というと、必ず紹介される高遠そば、

通称ねぎそばです。

大内宿 三澤屋さんでいただきました。

www.misawaya.jp

f:id:dokidokiayano:20190507101252j:plain

 

長ネギが一本ど~~ん。

f:id:dokidokiayano:20190507101319j:plain

 

長ネギを箸代わりにして、蕎麦をすすります。

もちろん、割りばしも用意されていますので、

それで食べても良いのですが、

みなさん、笑いながら長ネギで食べています。

薬味ですから、時々ネギを齧りながら。(笑)

f:id:dokidokiayano:20190507101354j:plain

 

左手を伸ばして撮影しながら、ネギを齧るという、

かなり苦しいポーズ。

f:id:dokidokiayano:20190507101421j:plain

 

囲炉裏には炭が赤々と。

f:id:dokidokiayano:20190507101446j:plain

 

思わず伝えたくなる福島の観光WebマガジンFUKUSHIMA TRIPより 

www.fukushimatrip.com